記事一覧

糖質制限ダイエットの功罪 その2「炭水化物無しって言うけど、何を食べたらいいの?」



image

糖質制限をしたい! ケトンダイエットをしたい! とは思っても、一番多い悩みは・・・・


「ご飯やパンや麺類が食べられないと、何を食べていいのかわからない!」ということ。


今まで

「炭水化物で腹を膨らませる(笑)」という食生活でしたら、無理もありません。


そう、私たちはご飯やパン、麺類の炭水化物(糖質が非常に多い ご飯は角砂糖14個分もあります)でお腹を満たす食生活なんですね。


糖質でお腹を満たしている。


糖質は美味しいですし、なんだか幸せな気分になるし、どんどん食べられます。
そして糖質の特徴としては、決まった時間になるとお腹がすごく好きますし(エネルギーとして貯蔵できない)、食べないとイライラしてたまらなくなったりします。


本題に戻ります!
何を食べるか!


糖質制限ケトンダイエットをするにあたっては、かなり意識的に


・脂質
・タンパク質

この2つを食べます。


でも脂質ってなに? タンパク質って何?ですよね。


ケトンダイエットでよく食べるものを具体的に一例にあげますと


【脂質】
・ココナッツオイル(無臭、エキストラバージン両方)
・バター(発酵ではればなおよい)
・アボカド
☆ナッツ(塩や油の添加されていない素焼きのもの)
☆オリーブオイル(質のいい酸化していない少量のもの)

☆印は適宜です



【たんぱく質】
・肉
・魚
・大豆製品
・チーズ

などです。



そしてどのくらい食べるのか?

量は体重や体質にもよりますが、
・ココナッツオイルは1日100g(大さじ6~7)
・タンパク質は、満腹になるまで。
(*但し例外がありますのでそれはまた別の機会に書きます)


そして大事なのが糖質は1食あたり30~50gまでを目安にします。
例えば・・
ご飯(白米も玄米も)軽く1杯で55g
食パン1枚27g
じゃがいも1個20g
牛乳200ml 10g
バナナ1本 20g

意外と知らないのが、根菜類、練り物、市販の調味料にも沢山の糖質があることです。


ここまで書いても悩んじゃうかもしれませんが、ココナッツオイルを料理のベースにすると、素材そのものの味が引きだれれてシンプルな調味料でおいしくなるのでとても便利です。

そんなことを踏まえて、まずは朝食から(これもちょっと意味がありますのでまた別の機会に!)お試しください。
ちなみに私の朝食は

・ココナッツオイル入りコーヒー(マグカップのコーヒーにココナッツオイル大1杯入れてブレンダーで乳化しカフェオレ風に)
・ゆで卵

が基本で
余裕があれば、
・生野菜(大根やニンジン、キャベツなどを適当に切る)
・チーズ
・素焼きナッツ

などを食べます。
夜の残りの味噌汁やスープなどを飲むときもあります。


とりあえず、朝食の炭水化物を抜いて、脂質とタンパク質を食べてみてください!
午前中の頭と体のスッキリ感が全然違いますよ!
それで実感できたら、本格的にやってみたらいいと思います。
(自己判断でやらずに、サポートを受けることをおすすめします。周りに実践者がいない方はご相談ください)





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加藤理佐(かとうりさ)

Author:加藤理佐(かとうりさ)
油の常識は非常識?!
美味しい、太らない、ボケない!
奇跡の油、「無臭ココナッツオイル ナチュレオ」で食卓に革命を起こします。

RSSフィード

ブログ最新情報配信の登録はこちら

ランキング参加しています

応援よろしくお願いいたします

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問ありがとうございます

最新コメント