記事一覧

血糖値スパイクを防ぐ食事法 ケトン食(低糖質食)のススメ

NHKで血糖値についての特別番組が放送されました。

現代の食生活は、炭水化物(糖質)中心で、どんなに気をつけていても血糖値の上げ下げが大きくなっていることに気づいている人は少ない。

そういう私も、ケトンダイエット食(低糖質食)にするまでは気が付いていませんでした。

血糖値の上げ下げが大きいということは、それだけ身体の中ではエネルギーが消費され、臓器にも負担がかかってきます。

ケトン体ダイエットは、基本的に、ご飯、パン、麺類などの炭水化物やいかにも甘いものは摂取しません。
そうなると、ブドウ糖エネルギーが足りなくなるので、その分を身体に負担の少ない脂質(中鎖脂肪酸・・・手軽に手に入るのはココナッツオイル)を摂取し、ブドウ糖の代わりとなって身体を動かす、ケトンエネルギーで活動するものです。

少し前に糖質制限で死んだ方がいますが、単に糖質だけ抜いたら死にます。

低糖質食にするなら、身体に負担の少ない脂質を選びましょう。

身体に負担の少ない脂質の条件は、

1.酸化しにくい飽和脂肪酸を多く含む
2.飽和脂肪酸の中でも、消化に負担にならずにエネルギーになる中鎖脂肪酸をうまく取り入れる。
3.不飽和脂肪酸が多くないもの ← 不飽和は酸化しやすい

それを踏まえた上でのケトン食は、

1.たんぱく質を意識して食べる
2.野菜(生でも)を意識して食べる。←酵素

糖体質からケトン体質への移行期には、

3.ミネラルを意識する
4.ビタミンを意識する

このあたりがポイントになってきます。

糖質制限をされている方でも、まだまだ脂質の酸化にまで着目している人は少ないです。
しかし、糖質を制限すると、必ず脂質でエネルギーを補わないと代謝が下がって弊害が起きるので、そうなると必然的に身体に負担の少ない、脂質選びが必要になってきます。

・胃で素早く消化され
・余分な贅肉になりにくく
・酸化しにくい (植物油の中で、一番酸化しにくい)

ココナッツオイルをぜひ食卓に取り入れてみてください!

ご相談、お問い合わせはこちらへ

今すぐお得に無臭ココナッツオイルを使ってみたい方はこちらへ
img_20150402-211350.jpg

糖質制限 過去記事はこちらから



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加藤理佐(かとうりさ)

Author:加藤理佐(かとうりさ)
油の常識は非常識?!
美味しい、太らない、ボケない!
奇跡の油、「無臭ココナッツオイル ナチュレオ」で食卓に革命を起こします。

RSSフィード

ブログ最新情報配信の登録はこちら

ランキング参加しています

応援よろしくお願いいたします

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問ありがとうございます

最新コメント