記事一覧

何故ココナッツオイルなの? その1 「油の酸化」に着目する

「油には気を使ってるの!太○のごま油使ってるんです!」

「スーパーの特売の油じゃなくてオリーブオイルにしてるんです!」

という事はよく聞きます。

私もココナッツオイルに出会う前は、溶剤など使わず圧搾したよいところの菜種油やごま油を使っているから大丈夫だと思っていました。

ココナッツマイスター講座で、
植物油の脂肪組成を知り、
加熱して使う油の酸化に着目したとき、どれを選ぶか?ということを知りました。

{351F22F8-0E5A-4E4B-97C0-0AA1ECA7A967}

この円グラフ、それぞれ油がどんな構成になっているかが一目瞭然です。
(ココナッツマイスター受講時の資料の一部です。)

菜種油やオリーブオイルはほとんどが
不飽和脂肪酸
(ふほうわ)
です。

加熱すると酸化します。

しかし、ココナッツオイルをみてください。
ほとんどが
飽和脂肪酸
(ほうわ)
です。

加熱してもほぼ酸化はありません。

植物油の中で、加熱してもほぼ酸化しないのは

ココナッツオイルだけなのです。

こんな脂肪組成は他にはありません。
(パーム油と混同されることがよくありますが、ココナッツオイルとは全く違うものです。これについてはまた)

健康に気を使っていた私も、
油の酸化にまではきがつきませんでした。

飽和脂肪酸は身体に悪いって思い込んでましたし(もうその情報古いとも知らず)。

小さなころから、揚げ物やカレーなどを食べると気持ち悪くなったり、胃が重くなるのは自分の胃が弱いからだと思い込んでいたのが、まさか油の種類のせいだったとは…。

しかも素晴らしいココナッツオイルに出会うことができたことで大きく食に対する意識が変わりました。

健康意識の高い方でも油のことについて、まだまだ認知されていない事が多いので、今後もまた書いていきます!






関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加藤理佐(かとうりさ)

Author:加藤理佐(かとうりさ)
油の常識は非常識?!
美味しい、太らない、ボケない!
奇跡の油、「無臭ココナッツオイル ナチュレオ」で食卓に革命を起こします。

RSSフィード

ブログ最新情報配信の登録はこちら

ランキング参加しています

応援よろしくお願いいたします

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問ありがとうございます

最新コメント