記事一覧

ココナッツオイル(脂質)と胃痛



「ココナッツオイルを食べたら胃が痛くなった!」
そんな話をたまに聞きます。

直接ココナッツオイルが原因かというとそれだけでは無いと思いますが、こんな見解もありますので参考に。


Q、白湯にティスプーン一杯くらいのオイルを溶かして飲んで暫くしたら、
胃が痛くなり吐き気を感じた。
胃痛は4日同じ症状が続いたので、朝空腹時のオイル摂取はやめた。
 
料理やチョコなどで摂取する分には全く問題なし。
 
A、使い始めはこのようなことがあります。
 
脂質の消化は本人の脂肪分解酵素の分泌量によります。多い人もいれば少ない人もいます。
 
少ない方が一度にそれまで入れたことがない量の脂質を入れた場合、消化不良をおこし、腹痛・下痢、の症状が起こりやすくなります。
 
基本的分泌量は遺伝子により決まってますが、脂肪摂取量を徐々に増やしていくことで、分泌量は増えていきます
 
1日100グラムが限界の人もいれば200グラムを超えて摂取できる人もいます
 
一日の総量よりは一回あたりの摂取量の上限が問題になる事が多いので、一回の摂取量が少ないうちは少量を分散して摂取すると良いです。


という事ですが、私自身が胃が痛くなるときは、ココナッツオイルというより、
「咀嚼が少ない」
「コーヒーなど刺激物で胃が荒れている」
という感覚です。

色々と体感しながらココナッツビューティー生活していきましょう♡

ブログの感想などはこちらから
 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加藤理佐(かとうりさ)

Author:加藤理佐(かとうりさ)
油の常識は非常識?!
美味しい、太らない、ボケない!
奇跡の油、「無臭ココナッツオイル ナチュレオ」で食卓に革命を起こします。

RSSフィード

ブログ最新情報配信の登録はこちら

ランキング参加しています

応援よろしくお願いいたします

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問ありがとうございます

最新コメント