記事一覧

油をココナッツオイルに変えると、砂糖(甘み)も減らせる

{156EAB32-745B-49F9-AAE5-57DA42F730AB:01}


今日のおやつはココナッツオイル 「ナチュレオ」で焼いたパンケーキに、さらにバージンココナッツオイル(このナチュレオラグナはあと数か月で発売予定!!)を塗って食べると、粉の甘みが引き出されて、甘みを漬けなくてもパクパクいけてしまいます(もちろんココナッツシュガーなどの甘いのをかけてもおいしいです~)。

ナチュレオで料理していて感じるのは、「素材の甘みが引きたつ」ということ。
今までは油の酸化臭で素材の甘みが消されていたんだ!!とつくづく感じます。

お菓子もですが、煮物、炒め物、揚げ物・・・全てかなりの油の酸化臭みに気づかず今まできていたことに愕然としました。
それがその料理の味だと思い込んでいましたが、違ったのです。

なので本当に一度使ってもらいたい!と強く思うのです。
美味しさ保障します!ナチュレオ。

素揚げした野菜が、煮炊きした野菜のように食べられるとしたら・・・・

「もう年だから油ものは食べられない・・」という方が食べたらびっくりされました。

アトピーだから油ものは食べられない・・・という方にもぜひ食べてもらいたいです。

授乳中だからおっぱいが詰まると怖くて油ものは食べられない・・という方にも。詰まりません(実験済み)。


スーパーに売られている油は、溶剤などで抽出された、本来私たちの身体が喜ぶようなものではありません。
溶剤を使っていないとしても、ほとんどの植物油は製造過程で酸化が始まっており、私たちの手元に届くまでにも酸化が進んでいます。
しかもそれを加熱したら・・・もっと酸化します。

酸化した油が身体にどんな影響を及ぼすのかは多くの方がなんとなく知ってはいるでしょう。
でも意外と大丈夫・・・と盲点なんじゃないかなと。

私自身もそこまで油については気にしていなかった(溶剤抽出でないものなどを選ぶようにしていた程度)のですが、ココナッツオイル特にナチュレオに変えてからひしひしと感じています。


~ちょこっとCM~

ナチュレオご購入やお得な会員登録についてはこちら




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加藤理佐(かとうりさ)

Author:加藤理佐(かとうりさ)
油の常識は非常識?!
美味しい、太らない、ボケない!
奇跡の油、「無臭ココナッツオイル ナチュレオ」で食卓に革命を起こします。

RSSフィード

ブログ最新情報配信の登録はこちら

ランキング参加しています

応援よろしくお願いいたします

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問ありがとうございます

最新コメント